一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.04.28 Sunday

工事生成評定結果

0

     

    平成30年度に施工をさせていただいた、
    奈良県水道局さん発注の工事の
    「工事成績評定結果」が届きましたので
    結果を公表させていただきます。


    ・工事番号 無し
      御所櫛羅東線送水管工事第2工区舗装本復旧

    成績評定結果 84(84.2)点 でした。

     

     

    この工事は歩道の舗装打ち換え工と

    車道の夜間切削オーバーレイ工でした。

     

    84.2点!

    10年ぶりに85点以下をとってしまいました(^^;

    この工事、実は「やらかしちゃった工事」です(苦笑)。

     

    まず第一のやらかしは出来栄えで「C」評価をいただいてしまったこと(^^;

    「B」はいただけると思っておりましたが、

    同日のに舗装の竣工検査を受けておられた業者さんが

    書類も現場の仕上がりも県内でピカイチの舗装屋さんでしたので

    当社の現場の粗が目立ってしまったのかもしれません(^^;

     

    次に、

    県土マネジメント部さんの舗装工事では現在、

    バラツキが評価の対象から外れてしまい品質の評価がMAX「B」となってしまっているため、

    この工事では「まぁ、85点とれれば良しとしよう。」と

    品質管理の社内規格値を規格値の80%で管理しておりました。

     

    しかしながら、

    奈良県水道局さんはまだ、舗装の品質バラツキが評価の対象になっていたのです!

     

    更には、年度末ということもあり、

    現場の管理や書類の作成でもちょこっと手抜きをしていたのですが(^^;

     

    出来栄えでBをとれていれば+1.0点で85.2点。

    品質管理を規格値の50%で管理していれば+1.2点で86.4点。

    書類の手抜きをしていなければ、なんやかんやで+1.6点で88点。

     

    従来通り87点くらいはとれていたのかなぁ。と思います(苦笑)。

     

    やっぱり目標は低めに設定してはいけないですね〜(^^;

    手抜きもいけないですね(^^;

     

    寄る年波に負けずに頑張れるでしょうか(^^;?

     

     


    23:33 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
    2019.03.16 Saturday

    工事成績評定結果

    0

       

      平成30年度に施工をさせていただいた、
      奈良県県土マネジメント部さん発注の工事の
      「工事成績評定結果」が届きましたので
      結果を公表させていただきます。


      ・工事番号 第 2−116−3−1号
        大和高田御所線舗装修繕工事(防災・安全交付金事業(地方道舗装補修事業))

      成績評定結果 86(86.0)点 でした。

       

       

      今回は切削オーバーレイ工のみの舗装工事でした。

      これからも少しでも良い成績が取れるように
      励んで行きたいと思います☆

       

      ちなみに、、、、

      もう20年以上も前になりますが、、、

      自分が初めて「工事成績評定」対象の工事を

      受け持ったときの工事成績は、、、

      最低点の65点でした!!!

       

      あの頃はまだ赤本すら持っていなくて

      本当になにもわからなくて

      (その頃はまだ、奈良県建設業協会に所属していないと

       赤本は買えない時代だったんですよー。

       なので赤本ってものがあること自体知りませんでした(爆)。

       奈良県の監督員さんに「赤本持ってないの?」と聞かれて

       「はい?赤本??受験の時に使うやつみたいな??

        なんですか?それ??」って感じです。

       今みたいに、

       まだネットが普及していませんでしたから

       奈良県さんからネットで公開されてもいませんでしたし。

       

      「規格値?なにそれ?社内基準値?なにそれ?」

      「出来形管理基準?品質管理基準?写真管理基準?

       いや、知りません?

       現場完成したらいいんじゃないんすか????」

       「え?伝票って会社で保管するんでしょ?

        役所に出すんすか??

        あー、だから伝票って何枚もくれるの??」って感じでした。

       

       こんな自分でも、

       年が経てば、今ではちゃんと監督できてます。

       ということで、

       今はまだ初心者監督のみなさんも、

       慣れれば必ず点数はとれるようになると思いますので頑張ってください。


      23:19 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
      2017.03.31 Friday

      工事成績評定結果

      0

        平成28年度に施工をさせていただいた、
        奈良県県土マネジメント部さん発注の土木工事の
        「工事成績評定結果」が届きましたので
        結果を公表させていただきます。


        ・工事番号 第 4−A319-1号
          橿原新庄線 排水構造物工事( 防災・安全交付金事業(道路改良))

        成績評定結果 86
        (86.1)点 でした。

         

        DSCF7597.JPG

         

        今回の工事は、排水構造物工事の中でも、

        既設道路にコンクリート2次製品の水路を設置していくタイプの

        排水構造物工事(=生コンを使わない)と言う事で

        工事成績評定の品質に関する評価はバラツキが評価されず

        自動的に「B評定」となります(^^;

         

        「B評定工事」で86点はかなり頑張った方かな〜と思います!!

         

        これからも少しでも良い成績が取れるように
        励んで行きたいと思います☆


        23:44 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
        2016.10.01 Saturday

        工事成績評定結果

        0

          平成27年度に施工をさせていただいた、
          奈良県県土マネジメント部さん発注の土木工事の
          「工事成績評定結果」が届きましたので
          結果を公表させていただきます。


          ・工事番号 第 31−8−2号
            太田川 砂防堰堤工事( 防災・安全交付金事業(総流防・砂防))

          成績評定結果 90(89.6)点 でした。

           

           

          久々の鋼製スリット設置工事です。

          砂防堰堤工事は舗装工事や水路工事と違って

          やっぱり迫力ありますね〜。

           

          生コンクリートの打設量や打設回数が多かったので

          工事成績もよい成績をいただけました。

           

          噂に聞くところによりますと、

          奈良県県土マネジメント部さんの工事成績評定運用については、

          平成27年度からまた、

          非公表部分での運用が変更になっていたそうで。。。

           

          出来形や品質のバラツキの評価が

          ずいぶんシビアになっているとかいないとか。。。

           

          当社は27年度に

          この砂防堰堤工事しか施工させていただいていないので

          詳しくは把握しておりませんが、、?、、

           

          いろんな人の噂や実例をつなぎ合わせていくと????

           

          赤本(施工管理基準)通りに出来形や品質の管理を行って

          打点数が10以下の場合は「バラツキの判別が出来ない」と言うことで

          出来形や品質の打点数の少ない工事は自動的に

          主任監督員の評価はC評定。。。

          検査官の評価もMAXでB評定となっているみたいですね??

           

          また、

          業者の自主努力で

          管理の延長や回数を細かくして管理図の打点数を増やしても

          成績には反映されないそうです。

           

          これはなかなか厳しいですね〜(^^;

           

          土木工事では、

          生コンの打設回数が少なくて、

          品質管理図の打点を10個以上作れない工事等で

          工事成績でマイナス5点。

           

          排水構造物設置工事などの

          そもそも管理すべき品質が無い工事では、

          工事成績でマイナス8点となります。

           

          舗装工事に関しては

          「そもそも品質のバラツキ自体が評価対象外になったんだってさ!

          「舗装工事の平均点は5点下がったらしいぞ!」

          「管理図なんか作っても意味ないやんなぁ。」

          という話も聞きますので、

          自動的に従来の工事成績マイナス5点ですね(^^;

           

          実際に、

          工事成績は多くの業者さんも下がっているみたいで、

          みなさん、点数確保に苦労してらっしゃるみたいです(苦笑)。

           

          最低制限価格で工事を落札して、

          限られた予算の中で

          盛りだくさんの書類に囲まれて

          良い成績を出していくのは
          なかなか厳しい状況なので、、、

           

          工事成績と

          現場での写真の撮影量や書類の作成量に直結する

          出来形や品質のバラツキの判断基準についての運用変更という重要事項は、

          業者側としては出来ればきちんと公表していただけると有難いですけどねー(^^;

           

          公表しちゃうと、

          業者が竣工書類作成を手抜きするので

          こういうことは公表してもらえないんですかね(^^;?

           

           

           


          23:21 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
          2015.04.11 Saturday

          工事成績評定結果

          0


            平成26年度に施工をさせていただいた、
            奈良県県土マネジメント部さん発注の舗装工事・土木工事の
            「工事成績評定結果」が届きましたので
            結果を公表させていただきます。


            ・工事番号 第 2−309−3−1号
              国道309号 防災・安全交付金事業(国道舗装修繕)工事

            成績評定結果 89(89.0)点 でした。

            DSCF6071.JPG



            ・工事番号 第 繰2−309−3−2他号
              国道309号 防災・安全交付金事業(国道舗装修繕)工事

            成績評定結果 89(89.0)点 でした。

            DSCF6093.JPG



            ・工事番号 第 2-30-3-2号
              御所香芝線 防災・安全交付金事業(地方道舗装修繕)工事

            成績評定結果 89(89.0)点 でした。

            DSCF6075.JPG



            ・工事番号 第 3-34-3-2号
              中筋出作川合線他 防災・安全交付金事業(地方道橋りょう補修)工事

            成績評定結果 88(88.0)点でした。

            DSCF4054.JPG



            上記4本の工事のうち、
            舗装工事3本は平成26年4月以降発注の工事でしたので
            平成26年4月版「土木工事共通仕様書」対象工事となります。

            土木工事は発注が平成26年3月(平成25年度発注工事)であったため、
            平成19年11月度版「土木工事共通仕様書」対象工事となっています。

            また、工事成績評定は
            4工事すべて「平成25年4月版工事成績評定」対象工事となっています。

            工事成績は
            以前の成績評定や土木工事共通仕様書の組合せに比べ、
            平成25年4月版「工事成績評定」と
            平成26年4月度版「土木工事共通仕様書」のほうが
            出しやすいのかな〜?と思います(^^)




            長年使った平成19年11月版の
            「土木工事施工管理基準」ともお別れです!


            平成27年4月以降は
            奈良県県土マネジメント部さんから発注される
            すべての工事で「施工体制台帳」が義務付けられるということですし、

            限られた予算の中で
            盛りだくさんの書類に囲まれて良い成績を出すのは
            相変わらずなかなか厳しい状況ですが
            これからも少しでも良い成績が取れるように
            励んで行きたいと思います☆


            それにしても!!
            噂には聞いていましたが
            橋りょう補修工事はなんて儲からない工事なんでしょう。。。(T▲T)

            当社では
            初めて橋りょう補修工事を施工させていただきましたが、、、

            1年間の工期をかけて、1級技術者を専任配置して、
            工事が終わってみたら、、、

            ほぼ
            各種支払い総額=落札金額でチーンです(T〜T)

            1級技術者が1年間拘束されている間、
            他の工事への入札参加を見送らなければならないので
            「その間にもう1本くらい工事GET出来てたかも?!」と考えると、、、

            これはなかなか。。。。。(T▲T)。。。。。

            橋りょう工事には
            もうたぶん、、、、参加しません(^^;



             

            14:30 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
            2014.05.22 Thursday

            工事成績評定

            0

              先日、施工をさせていただいていた、
              奈良県高田土木事務所さん発注の土木工事の
              「工事成績評定結果」が届きましたので
              結果を公表させていただきます。


              ・工事番号 第 繰2−3−1−1他 号
                国道166号 地域自主戦略交付金事業(国道災害防除)他 工事

               成績評定結果 88(88.3)点 でした。





              久々に、大台(88点)来ました〜っ☆!

              検査後にインフルエンザで寝込むくらい頑張った甲斐がありました(^^;

              これからも少しでも良い成績が取れるように
              励んで行きたいと思います☆


              18:01 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
              2014.03.02 Sunday

              工事成績評定結果発表

              0
                先日、施工をさせていただいていた、
                奈良県郡山土木事務所さん発注の舗装工事の
                「工事成績評定結果」が届きましたので
                結果を公表させていただきます。


                ・工事番号 第 4−A341−2他 号
                 枚方大和郡山線 防災・安全交付金事業(道路改良)他 工事

                 成績評定結果 86(86.2)点 でした。

                PC140505.JPG

                土木工事の業者さんや開発業者さんとの合丁場工事で大変でした(^^;

                工事成績86点は、良いような悪いような(^^;?

                いや、きっと良い点なんですけども、、、
                配置技術者がB評定(泣)というのが釈然としないです。。。

                どうせ自分なんてB評定技術者なんです(苦笑)。
                そこがA評定だったら87点だったんですけどねぇ=3

                次回からはまた!
                配置技術者でA評定をいただけるように頑張ります!


                そうかぁ、Bかぁ、、、、

                18:11 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
                2013.04.22 Monday

                工事成績評定結果発表

                0


                  先日、施工をさせていただいていた、
                  奈良県高田土木事務所さん発注の土木工事の
                  「工事成績評定結果」が届きましたので
                  結果を公表させていただきます。


                  ・工事番号 第 2−204−1 号
                   五條高取線 地域自主戦略交付金事業(地方道災害防除) 工事

                   成績評定結果 86(86.0)点 でした。

                  P3221924.JPG P3221923.JPG

                  以上の様な成績でした。

                  これからも少しでも良い成績が取れるように
                  励んで行きたいと思います☆


                  23:47 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
                  2012.05.14 Monday

                  工事成績評定結果発表

                  0

                    平成23年度に施工をさせていただいた、
                    奈良県土木部さん発注の舗装工事の「工事成績評定結果」がすべて届きましたので
                    結果を公表させていただきます。



                    ・工事番号 第 繰524−4号
                     奈良西幹線 社会資本整備総合交付金(街路改良)工事

                     成績評定結果 86(86.1)点

                    PB271195.JPG


                    ・工事番号 第 306−1他号
                     桜井田原本王寺線 臨時単独道路改良事業工事

                     成績評定結果 87(86.6)点

                    PC171914.JPG


                    ・工事番号 第 繰2−17−3−2号
                     一般国道168号 社会資本整備総合交付金事業(国道舗装修繕)工事

                     成績評定結果 88(87.8)点

                    う.JPG

                    以上の様な成績でした。

                    これからも少しでも良い成績が取れるように
                    励んで行きたいと思います☆



                    それにしても・・・

                    奈良県土木部さんはよく
                    「経営と技術力に優れた業者の育成」とおっしゃいますが、

                    舗装工事A等級で
                    23年度に総合評価落札方式で舗装工事を3本施工させていただき、
                    工事成績も平均点で87点の当社は、

                    技術力も現場管理も、まぁ、それなりの、
                    少なくとも「優れていない部類」の業者とまでは
                    行かないように思ったりするのですが、、、

                    平成26年度からは、
                    1級技術者が5人居ないと当社は
                    舗装工事A等級に残れません。。。。。

                    テンション(向上心)下がりまくりです(笑)。


                    例の、
                    実質的に「舗装工事の格付け廃止」な

                    平成26・27年度奈良県格付け基準案・・・・
                    本当にどうにかしてもらえないものでしょうか?

                    18:42 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |
                    2011.04.28 Thursday

                    工事成績発表

                    0

                       平成22年度、8月〜年度末(3月)にかけて
                      施工させていただいた奈良県高田土木事務所さん発注の
                      砂防工事の「工事成績評定結果通知書」が届きました。

                      ・工事番号 第 繰4-1-2・5-1-1号
                       百々川最北流 通常砂防事業 工事

                       

                       成績評定結果 88(87.9)点


                      以上の様な成績でした。

                      これからも少しでも良い成績が取れるように
                      励んで行きたいと思います☆

                      ところで・・・
                      この工事は総合評価落札方式の一般競争入札で
                      落札した工事だったのですが、
                      もしもこれが・・・・
                      総合評価落札方式での落札ではなく、
                      ただの一般競争入札での落札工事だったならば・・・
                      90点くらいはいただけたかもしれません。

                      総合評価落札方式の入札で技術提案書に記述した
                      技術所見(品質管理等の提案)は履行出来なかった場合に
                      成績評定からマイナス10点という規定がありますが、
                      履行出来たからといって創意工夫等で加点されるわけでは
                      ありません(苦笑;)

                      奈良県土木部さん曰く
                      「技術所見として提案しているのだから
                       履行して当然で創意工夫等の評価には値しない事項」とのことです。

                      しかし、技術所見として記述したのと同様のことを
                      総合評価落札方式ではない一般競争入札で落札した工事で
                      行った場合、創意工夫として加点される可能性はあります(苦笑;)
                      (↑これは土木部の監督員さんも認めてらっしゃいます。)

                      そうすると、
                      総合評価落札方式で落札した工事で88点でも

                      もしもその工事が
                      総合評価落札方式以外の一般競争入札で落札した工事だった場合、
                      90点という点数が付く可能性もあるわけです。

                      同じ工事を同じように施工しても、
                      入札の方式が総合評価落札方式かそれ以外の方式かで
                      工事成績が変わってしまうなんて二律背反ですよねぇ。。。

                      個人的には、入札方式がどうあれ、
                      同じ内容の工事を施工したならば
                      工事成績は同じであったほうが良いような
                      気はするのですが?・・・・・

                      このあたりについて、
                      土木部さんは今後どのように解消されていくのでしょうか?


                       

                      16:54 | 工事成績評定結果 | - | - | - | - |

                      ▲top