一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.01.24 Thursday

電子入札専用JRE8のダウンロードについて

0

     

    昨年末に

    奈良県 電子入札ポータルサイトで告知されていた通り(上写真)、

    Java JRE8のサポート終了に伴った、

    電子入札専用の新しいJava JRE8の配信がJICACさんのページで開始されました。

    (下写真)。

     

    なので、さっそくダウンロードしてみましたが、、、、

    正直、コレけっこう面倒くさいです(^^;

     

    手順としてはまず、

    電子入札ポータルサイトからJICACのページに飛んで、

    それからJICAC内のダウンロード専用ページを開いて、

    長々とした説明及び注意事項を読んで「使用許諾」に同意。

    そしてさらに、

    新しいJavaをダウンロードするための「公開キー」というのを

    自身のPC内の「電子入札システム」というプログラムから入手し、

    そしてようやくJavaがダウンロード!!という感じです。

     

    最初、けっこうややこしいので、

    写真を並べて手順説明書こうかと思ったのですが、

    それも相当に面倒くさいのでやめました(^^;

     

    でも、ご安心ください!!!

    西日本電子認証さんのカードをご使用の皆様には朗報!!!

    下記リンクアドレスから西日本電子認証さんのページに飛んで、

    最新版のNDNプログラム定期更新ツール(JRE8.0_191用)をダウンロードすれば、

    そこに電子入札専用の最新版のJava(JRE8.0_191)が同梱されています♪

     

    JICACページからの

    難しいくてややこしい手順無しで安全なJavaがダウンロード出来ます(笑)。

    ぜひ、お試しください。(他の認証局でも同様の事は行われているかもしれません。)

     

    新しいJavaを入手するにはここをクリック。↓

    https://www.ninsho.co.jp/aosign/forsubscriber/download2.html

     

    このページから。

     

    JRE8.0_191用をダウンロードします。

    (ダウンロードの際は、すぐに実行しないで、

    一旦、ダウンロードしてデスクトップに保存→解凍の手順が好ましいです。

     

     

    デスクトップにNDNのフォルダが出来るので。

     

    中を開くとJavaが入っています。

    あとは、Javaフォルダを開いて実行すればOKです。

    ※Javaインストール後、

    電子入札システムを使用する前には必ず、

    NDNプログラム定期更新ツールを実行してください!

    でないと電子入札システムのページで

    エラーが出る場合があります。

     

     


    12:28 | PC | - | - | - | - |
    2017.01.31 Tuesday

    Windowsのスクリーンショット機能

    0

       

      最近はスマホが普及して、

      我々おじさん・おばさん世代にもスクリーンショット

      (略スクショ、スマホのいま見ている画面をそのまま写真撮影して保存する機能)

      という言葉が浸透してきましたが。

       

      実はこれ、PC(Windouws)でも実施可能です。

       

      技術提案ネタを探してネットサーフィンしている時や、

      ネットショップで欲しい商品をリストアップする際、

      入札結果や入札公告の鑑の保存など、

      データー収集時に非常に役立つのですが、

      その方法が簡単な割にあまり知られていないので一度掲載させていただきますね。

       

      PCのキーボードの右上、

      F12キーの右隣に「Print Screen(PrtScm)」というキーがあるのですが、

      「Windows」キー「Print Screen」キーを同時に押すとスクリーンショットを撮ることが出来ます。

       

      撮った写真はピクチャフォルダ内の「スクリーンショット」というフォルダに自動保存されます。

       

      とても簡単なので、

      ぜひ一度試してみてください。

       

      とにもかくにも!

      ウェブページの一時保管とかが

      すげーラクチンになります(笑)。


      22:39 | PC | - | - | - | - |
      2017.01.11 Wednesday

      確定申告作成ツールについて

      0

         

        会社の年末調整が済んで、

        次は従業員さん各々の確定申告の時期となります。

         

        年末調整の際に控除証明書類を提出し忘れてた!

        そういえば、今年は怪我をして大きな医療費の支払いがあったなぁ。

        うちのばーちゃんの確定申告したらなアカンなぁ。など、、、

         

        確定申告の必要がありそうな方は是非、

        難しいと思わずに2月16日〜3月15日の間に確定申告を行ってみてください。

         

        お給料を貰っている方(給与所得者)の簡単な確定申告ならば

        ・源泉徴収票

        ・マイナンバー通知書

        ・免許証または保険証

        ・控除に必要な書類等

        を準備して国税庁ホームページに設置されている

        「確定申告書等作成コーナー」から申告書を作成して印刷、

        そして税務署に郵送すればとても簡単に確定申告が行えます。

         

        自分も使ってみましたが、

        とても使いやすい&わかりやすく確定申告書類を作成できました☆

         

         


        22:46 | PC | - | - | - | - |
        2016.12.22 Thursday

        ICカードリーダーがサインインに干渉する事案について

        0

           

          12月に入ってから急に、

          電子入札に使っているPC(Windows10)に不具合が発生するようになりました。

           

          不具合の内容は

          1、電源立ち上げ時にHDDアクセスランプが

            点灯したままフリーズしてしまいサインイン画面が表示されない。

           

          2、自分はPCをオートログオフに設定しているのですが、

            PCでの作業中断時にオートログオフが実行されると、再ログイン時に

            サインイン画面でHDDアクセスランプが点灯したままになりフリーズする。

            または、サインインは出来るがホーム画面でフリーズする。

           

          と言うものです。

           

          サインイン画面

           

           

          作成書類の多い年末に

          サインインの度にフリーズし強制終了を余儀なくされる為、

          相当なストレスが貯まる事案でした。

           

          サインイン時のフリーズを解消する為に、

          システムの復元などいろいろと試してみましたがどれも効果がなく、

          一時は途方に暮れていたのですが、、、、

           

          あるとき、

          フリーズ中にやたらとICカードリーダーの

          読み込みランプが点灯している事に気付きました。

           

           

          ICカードリーダー

           

          まさか、、、

          とは思いましたがICカードリーダーを

          スタートアッププログラム一覧から除外すると、

          サインイン画面でのフリーズは発生しなくなりました。

           

          ICカードリーダーは

          プログラムをインストールした時点で、

          必ずと言っていいぐらい

          自動的にスタートアップに設定されますが

          今まではこんな不具合は発生したことはありませんでした。

           

          本当にたまたま、

          ICカードリーダーのアップデートプログラムと

          Windows10のアップデートプログラムのどこかで

          干渉してしまったのでしょうね。

           

          おそらくは一時的な干渉で

          双方のアップデートが繰り返されていくうちに

          時間と共に解消される問題だとは思いますが、

           

          ICカードリーダーを常時接続している状態で

          サインイン時にフリーズが発生するようでしたら一度、

          ICカードリーダーのスタートアップを解除することをお勧めします。

           

          もしかしたら不具合が解消されるかもしれません。

           


          22:42 | PC | - | - | - | - |
          2016.06.14 Tuesday

          Windows10アップグレード後のハードディスク換装には注意?!

          0

            Windows7やWindows8から、
            Windows10へのアップグレード後に
            HDDをSSD等に換装したりすると
            Microsoftのライセンス認証が行われない!

            と言うような事例があるらしいので
            注意が必要らしいです(^^;

            Windows 10 無償アップデート」に絡むライセンスの扱いを調査!

            (アスキーデジタルへのリンク)

            ま、Windows10アップグレード後に
            PCの大幅な改造なんて普通の人はしないと思いますが。
            自作PCの方は注意が必要だそうです。



             

            23:50 | PC | - | - | - | - |
            2016.06.08 Wednesday

            Windows10で奈良県電子入札システムを動かしてみた!

            0

              先日、当ブログに
              「Windows10で奈良県さんの電子入札システムを動かしてみた!」
              というブログを書いてみたい
              と書いてしまったので、
              さっそくですがやってみました(^^)






              まず、用意するものですが、、、

              20160608_145200.jpg
              各認証局さんで用意されている「Windows10版インストールマニュアル」。

              それと、すでにWindows10での電子入札を実施されている
              埼玉県さんのWindows10版電子入札設定マニュアルです(笑)。

              Windows10で電子入札システムを動かすために必要な条件は
              Windows10がインストールされていること。
              ICカードリーダーのドライバがWindows10用にアップデートされていること。
              Java8Update65以上がインストールされていること。
              ぅぅ鵐拭璽優奪肇┘スプローラー11を使うこと。


              基本的にはこの4つだけですので、
              あとは、上記ふたつのマニュアルを揃えて、
              下記手順でマニュアル通りに作業するだけでダイジョウブです!!



              ’Ь擽匹気鵑蛤覿霧さんからマニュアルをダウンロード。

              Windows10をインストール

              ICカードリーダーや認証局さんの定期更新プログラム等の
              もともとパソコンに入っているソフトやプログラムはそのまま
              Windows10に引き継がれますので。。。

              Windows10インストール後
              認証局さんの定期更新プログラムを起動して、
              プログラムやICカードリーダーのドライバを更新。
              そして、古いJavaのアンインストールとJava8Update65以上のインストール。
              (Javaのインストールも認証局さんのマニュアルに記載されています。)

              デЬ擽匹気鵑猟蟯更新プログラムの更新がすべて終わったら、
              認証局さんのサイトでカードリーダーの動作確認。


              20160608_133726.jpg
              アップデート状況。

              20160608_140837.jpg
              動作確認状況。

              Εードリーダーの動作確認が終わったら、
              埼玉県さんのマニュアルでインターネットエクスプローラーの設定確認。
              (一応マニュアル通り設定を見ていきましたが、設定変更点無し。
              自分が使用しているPCと埼玉県さんの設定が合致しているかどうか確認してみて下さい。)

              IMEpadの文字入力制限設定を変更する。

              (これをやり忘れると電子入札システムは作動しません。)

              20160608_145254.jpg 
              20160608_145315.jpg
              埼玉県さんのマニュアルより抜粋。

              電子入札システムを動かしてみる。


              以上です。

              Windows10での電子入札といっても
               基本的にはシステムはWindows8のものを引き継いでいるようなので
               Windows8での電子入札と何がかわるというわけではありません。
               ただ、Javaが8Update65以上に変わるのと、
               ICカードリーダーのドライバがWindows10用にアップデートされるだけです。
               極端な話、Windows8とインターネットエクスプローラー11で入札している場合、
               Windows10をインストールし、Java8Update65以上をインストールし、
               カードリーダーをアップデートさえすれば、細かい設定変更は無しで
               電子入札システムは稼働します。)


              ┐Javaの時計が表示されなかったりする場合は、たぶん、
              設定のどこかに不具合がありますのでもう一度マニュアル通りに
              検証してみてください。


              Windows10がWindows8の後継OSという事もあってか、
              Windows10で電子入札システムを動かすことは難しくありませんでした。

              基本的にWindows7(又は8)とインターネットエクスプローラー11で
              電子入札に参加している場合、インターネットエクスプローラーの設定を含め、
              細かい設定変更は一切なく電子入札システムは稼働します。
              また、Windows7(又は8)とインターネットエクスプローラー10で
              電子入札に参加している場合は、インターネットエクスプローラーの設定変更は無く
              「IMEパッドの文字入力制限の設定」のみの変更で電子入札システムは
              稼働するようです。


              20160608_141628.jpg
              ↓ ↓
              20160608_141642.jpg
              IMEパッドの詳細設定を
              「JIS X 0208で構成された文字のみ変換候補に表示する」に変更するだけでした。

              ということで、
              現状、Windows10でも奈良県電子入札システムは稼動します(^^)

              ただ、、、

              ※6月10日付で奈良県県土マネジメント部さんより
              「奈良県公共工事等電子入札システムはWindows10に対応しておりません」
              との公式発表が出ています。


              上記、奈良県さんのコメントもありますので、、、
              自分は奈良県電子入札システムのWindows10での稼働を検証しておりますが、
              これを試されるか、試されないかは、、、自己責任でお願い致します。


              電子入札コアシステムでWindows10での稼働検証が終わっており、
              各電子入札認証局さんでのWindows10での稼働検証も終了し、
              ICカードリーダー等のアップデートプログラムもすでに提供されており、
              理論上、Windows10で電子入札システムは稼働するはずですが、、、

              また、
              この設定で電子入札システムは稼働しますけれど、
              Windows10にアップグレードしたことで作動しなくなるソフトやプログラムも
              出てくる可能性があります(^^;

              当社では使用しているBepopプリンターが古すぎて
              Windows10対応ドライバーがメーカーさんから出されていなく(汗)
              看板用シールが作れなくなってしまいました(爆)。

              う〜ん。
              Bepopプリンターを新しいのに買い換えるのか、
              Windows10を一旦Windows7に戻すのか。。。。悩むところです(泣)。

              まぁ、BepopプリンターはWindows7の保守期限が来ると
              どのみち買い換えなくてはならなくなるので買い換えてもよいのですが。。。

              Bepop本体って高いんですよねぇ(泣笑)。

              けっきょく、、、
              Windows10にアップグレードするかどうかは、
              電子入札云々もありますが、
              今使っているソフトやプログラムが今すぐWindows10でも使えるのかどうか?
              というところで決めることになってしまいそうですね(^^;


              〜〜追記〜〜

              ちなみに!自分の使っている
              Windows8.1マシンとWindows7マシンから
              Windows10へのアップグレードでは今のところ
              システム上の不具合というのは発生していません。

              ドライバーが無くて使えなかったソフトも
              古過ぎたBepopプリンターだけです(^^;

              その他のソフトやプログラムは
              特に不具合無く使用できています。

              ちまたの噂では
              Windows10にするとDVDが見れなくなるという
              話が出ているそうですが(笑)。

              うちのPCには
              たまたま無料のパワーDVDが入っていたので大丈夫でした(笑)。

              仕事上、
              どうしても必要なソフトやプログラムが使えなくなってしまって困る。。。
              という特殊事情でも無い限りは、
              Windows10へのアップグレードは無償期間中に
              実施したほうが良いかと思われます(^^)


               

              15:27 | PC | - | - | - | - |
              2016.06.05 Sunday

              Windows10での電子入札対応状況

              0

                各府県さんのホームページでは
                「〇〇県電子入札システムはWindows10未対応です。」と
                いまだに書かれておりますが、

                各認証局さんのほうでは、
                そろそろWindows10への対応状況が発表され始めています。
                ※6月10日追記
                新年度入札が開始される
                6月に入ってから電子入札システムがWindows10及びJava8Update65対応に
                なった県市町村がたくさんあります。
                7月のWindows10の無償アップデート終了までに
                Windows10対応を済ませる県市町村が多いようです。



                いろんなところの情報をまとめてみると
                Windows10に対応するには。。。。

                認証局からプログラムをダウンロードして
                ICカードリーダーをUpdateする必要がある。

                ブラウザ:InternetExplorer11(32bit)
                JAVA実行環境:JRE8.0Update65または71

                を整える必要があるということのようです。

                当社がお世話になっているアオサインさんは
                すでにWindows10に対応されてます。

                そろそろ試してみたくなってきました。
                「Windows10で奈良県さんの電子入札システムを動かしてみた!」なブログ。

                近々、やるかもしれません(笑)。



                 

                22:35 | PC | - | - | - | - |
                2016.06.04 Saturday

                Windows10へのアップグレード阻止について

                0

                  最近、スマートニュース等では
                  「マイクロソフトがWindows10へのアップグレードを強制している!」
                  との話題で盛り上がっていますが、
                  奈良県電子入札システムに参加されているみなさんは、
                  うまくWindows10へのアップグレードを阻止出来ておられますでしょうか?

                  マイクロソフトのWindows10へのアップグレードは
                  本当に詐欺的で強制的で(怒)、

                  当社でもパソコンにアップグレードを促すウインドウが出る度に
                  拒否していたのですが、、、

                  なんでしょうね?
                  今朝、出社してみたら1台のWindows7機には
                  予約した覚えも無いのに


                  [Windows10へのアップグレードに関心をお寄せいただきありがとうございます。
                  無償アップグレードをご予約いただきありがとうございます。
                  このPCでWindows10の準備が完了したという通知が表示されてから、アップグレードを行うことをお勧めします。
                  アップグレード通知は数日から数週間以内のできるだけ早いうちに届くでしょう。]

                  などというメッセージが表示されていました。

                  しかもこれ、今までよりも凶悪なことに。。。
                  予約の取り消しボタンが無くなっています(笑)。

                  これたぶん、、、
                  無視してたらWindows10はダウンロードされないんでしょうけど、
                  通知ボタンをクリックしたらWindows10にアップグレードされちゃうパターン!!

                  もう、
                  これは完全にややこしい文章を使った
                  ワンクリック詐欺でしょうマイクロソフト(笑)?!

                  また、
                  もう1台のWindows7機には
                  知らぬ間にWindows10の更新プログラムが
                  WindowsUpdateにダウンロードされていました(笑)。

                  こちらは
                  インストールを手動にしていたので助かりましたが
                  インストールが自動だったらアップグレードされているところです(笑)。

                  電子入札に参加されていてまだまだWindows10には
                  アップグレードできないんだよ(泣)というみなさん、
                  アップグレード阻止には下記ページを参考にしてみて下さい。

                  「Windows10へのアップグレードを阻止する方法」

                  最近の記事ですし、
                  アップグレードを促すウインドウ(小窓)自体を出さなくしてしまう方法なので、
                  この方法を使えば、けっこうすっきりするかもしれません。


                  ただ、、、
                  後日、Windows10にアップグレードする際には
                  有料になってしまうのでしょうけれど(苦笑)。

                  電子入札システム!対応遅い(笑)!!


                  ※追記
                  上記「Windows10へのアップグレードを阻止する方法」のうち、
                  Windows10を入手するプログラム「KB3035583」を削除したところ、
                  PCのメモリが大暴走。
                  CPU使用率0%なのにメモリ使用率80%でPCがフリーズしまくり!
                  というのが常態化しPCが使い物にならなくなっています。。。
                  「KB3035583」の削除は副作用があるかもしれません。







                   

                  08:56 | PC | - | - | - | - |
                  2015.03.06 Friday

                  java8に自動アップデートでされてしまっていたので、java7update15に戻しました。

                  0
                    しばらく電子入札に参加しない間に
                    javaがjava8に自動更新されていて、奈良県の電子入札に参加できなくなってしまっていました(泣)。

                    ※1 奈良県電子入札システムはjava7update15までしか対応していません。
                    ※2 javaの自動更新のチェックは外していますが、いつも知らぬ間に自動更新されています。

                    うちの会社では西日本電子認証蠅気鵑AOSignを使っているので、
                    こういう場合とりあえず、AOSignさんのページに行きます(^^;

                    そうすると、たぶん、自分のような方が多数おられるのでしょう!!
                    AOSignさんのトップページには
                    「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました。」
                    と表示された方およびサポート対象外のバージョンのJavaをインストールされた方へ


                    という非常にわかりやすいリンクがありますので(笑)。
                    そのページにアクセスし、手順通りにjava8を削除し、改めてjava7update15をダウンロードして
                    インストールします。

                    javaの設定はこれで完了できますので。。。

                    あとは、念のために奈良県県土マネジメント部さんの
                    電子入札システムのページから電子入札クライアント設定マニュアルを開き、
                    設定があっているか?を再確認して設定完了です。

                    これでも、動かない場合は電子入札システムヘルプデスクさん
                    「0570−000−516」に電話をかけて助けていただいております(^^;


                     

                    11:12 | PC | - | - | - | - |
                    2014.05.27 Tuesday

                    windows8.1で奈良県電子入札システムを稼動させてみました(^^)_追記

                    0

                      過日、当ブログで 
                      「windows8.1で奈良県電子入札システムを動かせるのか?」
                      という検証をさせていただいたのですが、

                      その検証の追跡結果を記載させていただきます。

                      前回、ブログに書かせていただいたときは、
                      windows8.1で電子入札システムに入り、調達案件を見る等の
                      電子入札システムの稼動確認までしか出来ていなかったのですが、

                      (↓前回の記事については下記リンクをお読みください)

                      windows8.1で奈良県電子入札システムを稼動させてみました(^^)


                      「Windows8で奈良県電子入札システムを動かす」についてのまとめ

                      その後、
                      奈良県電子入札システムにて
                      入札を最後まで行う機会があり、

                      電子入札システム内での
                      入札書送信〜
                      事後審査通知書受信まで

                      問題無く入札を完了することが出来ました(^^)ノ

                      奈良県電子入札システムは間違いなく
                      windows8.1+インターネットエクスプローラー11で入札できます。

                      また、javaに関しては
                      5月上旬現在java7update15までは対応していました。

                      (それ以降〜最新版のjava7update55は対応していませんので、
                      もしもjava7update55になっている場合は、
                       java7をアンインストールしてPC内に残るjava6をご使用ください。
                      win8.1+IE11+java6での動作確認も完了しています。)


                      奈良県電子入札システムの使用については、
                      windows8〜8.1に関しては推奨環境外となっていますが。。。

                      今後のPCの導入コスト等を考えると、
                      windows8以降で行うのがお勧めかもしれません(^^)

                      12:10 | PC | - | - | - | - |

                      ▲top