一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 大阪府立花の文化園 | TOP | 奈良県土木部 舗装工事落札者決定基準 地域精通度についての考察 >>

2011.04.30 Saturday

奈良県土木部 落札者決定基準 工事成績評定点に対する考察

0
     
    僕がよく耳にする
    奈良県土木部さんの落札者決定基準に関して
    同業者さんからの不満の声が多い物にこの3つがあります。。。

    ・ISO加点(県は大手優遇やなぁ・・・・)

    ・アスファルトプラント加点(合材なんかどこででも買えるやん?)
                    (なんで共同出資者に加点なんやろ


    ・工事成績評定点(仕事出さへんのに3年平均は短すぎるやろ?!)
               (該当工事無しは0点って新規業者排除ちゃうんか?)

    カッコ内はそれについてよく聞く同業者さんの言葉です。。。


    どれも大切な項目だと思いますが、
    どれも大きく不公平さを感じる部分がありますね。。。

    ISO加点については先日書かせていただきました。

    アスファルトプラントについては、
    従来当社では「加点あってもええやん?」と思ってきましたが、
    最近少し考えが変わりました。

    現在は「100%自社プラントやったら加点でええんちゃう?」です。

    まぁ、アスファルトプラントについては、
    また書かせていただくとして、今日は工事成績評定点です。

    落札者決定基準の工事成績評定についての加点部分についてはこちらをご覧下さい。


    確かに!
    工事発注高が減少する一方の現状で・・・
    「3年ぶりに仕事当たったわ!」
    「うちは4年ぶりや!」なんて言葉が飛び交う現状で、
    工事成績評定点の平均が3年というのは短いと思います。。。

    せめて5年くらいは。。。と思いますね。。。

    また、
    過去3年間に該当工事無しは評価0点。という事ですが、
    これは絶対に見直しをするべきです。

    3年間受注出来ずに、
    工事成績評定点の加点を失ってしまったら、
    総合評価落札方式の入札に
    参加は出来ても落札することは不可能です!!

    現状の最低落札価格が公表されている状況では。
    最低制限価格が設けられている現状では。。

    さらに!
    奈良県土木部発注の工事を受注しなくても
    工事ランクは上がります。

    奈良県土木部発注の工事を受注しないで
    ランクが上がってきた業者はどうすればいいのですか??

    せっかくランクを上げてきても
    総合評価落札方式の入札には参加できません。
    いや、参加出来ても落札することはかないません。。。

    それでは、業者さんが不満に思われるのは当然です。

    で、こんなのはどうでしょうか?

    3年間該当無しで評価が0点となる事業者さんには・・・・

    前年度末の該当するランクの全工事の
    成績評定点の平均値を与える!
    (落札して自社の成績評定を得た場合。自社の成績を用いる。)

    これならみんな入札に参加出来ていいじゃないですか??


    ▲top