一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 警報発令時の対応について | TOP | 平成23年度 奈良県建設業経営・技術講習会開催のご案内 >>

2011.07.30 Saturday

奈良県土木部 平成24・25年度格付け基準並びに発注基準公表

0

    奈良県土木部公共工事契約課さんのページにて7月4日付けで 

    平成24・25年度建設工事(県内本店業者)に係る格付け基準等について
    が公表されました。

    以下、奈良県さんの記述そのままです。

    -------------------------------------------------------------------
    県では、今回の格付け基準等を改正するにあたり、

     ・「技術と経営に優れた企業の育成」の観点から、技術力向上に意欲のある
      企業の育成を図る

     ・いびつな状態となっている「受注機会」の改善を図るため、発注金額区分の
      是正を図る

     
    を基本方針として、以下のとおり改正を行うこととしました。

    1 格付け基準
    (1)技術者要件
    技術者総数を廃止し、1級国家資格取得者はA等級を5名
    A1グループを10名とする
    (2)主観点項目の見直しなど
    2 発注基準
     新たに3千万円〜5千万円の区分をA等級の発注金額区分として設定し、
    B等級以下の発注金額区分も引き下げる

     上記についての、企業などからの意見等に対する県の対応方針として、

    平成24・25年度の格付け基準及び発注基準として改正した内容を変更する
    ことは行いませんが、既雇用職員の育成や雇用の確保を図るなどの準備期間
    が必要と認められるため、A1グループ・A等級の技術者要件の改正については
    平成26年度格付け時より適用することとします。

     
    今後、県におきましては、技術力向上に向けた取り組みを行ってまいります。

    -------------------------------------------------------------------

    とのことですが。。。
    「企業などからの意見等に対する県の対応方針として
    平成24・25年度の格付け基準及び発注基準として改正した内容を
    変更することは行いませんが

    という書き方はいかがなものなんでしょうか(−−;?

    県では今年度、契約書の様式について
    発注者が「甲」、請負者が「乙」という呼称が、
    発注者が受注者に優位するとの印象を与えている
    おそれがあるため、「甲」・「乙」の呼称を見直し
    「発注者」・「受注者」に改める。

    なぁーんて、変更もされておりましたが。。。

    いくら契約書の文面上で
    呼称を変更されたところで、
    やっておられることは
    「業者がなんのかんの言おうが県がこうと決めたら
     それを変えることはしないんだ!」という
    「発注者優位」以外のなにものでもない、
    上から目線の格付け基準改正・発注基準改正じゃあないですか=3

    説明会やそれ以外の場所での、
    B等級以下の業者の不満や異議を黙殺した
    A等級優遇の合理性なし・説明なし・説得力なしの
    恣意的改正以外のなにものでもないのではありませんか=3

    土木部さんは総合評価落札方式の説明に当たっては
    「品確法」「品確法」といわれますが、
    格付け改正や発注基準改正に当たっても是非、
    「入適法」「入適法」と連呼していただきものです。

    今回の恣意的改正。
    「入適法」の意に沿っているとは思えませんがどうなんでしょうか?

    ▲top