一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 平成25年度「入札契約制度等説明会」が開催されます。 | TOP | 再掲載_平成26・27年度 奈良県土木部格付け基準についての考察 >>

2013.05.29 Wednesday

Aランク業者とBランク業者による混合入札の試行について

0
    5月31日の
    「奈良県平成25年度入札契約制度等説明会」で発表される

     
    「土木一式」Aランク業者とBランク業者に混合入札の試行

    これは物議を醸しそうです。

    本来AランクとBランクといえば天と地の差(^^;

    Aランクの発注基準は3000万円〜5000万円までで、
    Bランクの発注基準は1500万円〜3000万円まで。

    もちろん経審点数や技術者要件・資本金の要件も大きく違います!

    ちなみに我が社は「土木一式」Bランクです。

    ですが、、、

    経審点数足りないし、技術者足りないし、
    他のA級の事業者さんとわたり合っていくほど技術に自信もないし(苦笑)

    Bランクに留まっています(^^;



    が!
    今年度はAランクさんと一緒に3000万円〜5000万円の
    工事の入札に参加可能!

    自分たちBランクの業者にとっては有難いお話ですが。。。
    これってAランクの業者さんたちは納得できるのでしょうか(^^;?

    Aランクの業者さんたちは、
    頑張ってAランクになったのに突然Bランクと混合入札。
    それじゃあ、なんの為にAランクになったんだか。。。。


    これやとBランクやん?


    もともと、
    Aランクの発注基準は5000万円以上。
    (今のA1ランクの発注基準と同じでした。)

    しかしながら、
    その頃はA1ランク・Aランク共に発注基準が
    5000万円以上でA1ランクとAランクの混合入札であったため、
    A1ランクの業者さんが仕事をほぼ独占してしまい、
    Aランクの業者さんは仕事が出来なかった。

    そこで!
    昨年度(平成24年度)から、
    A1ランクは5000万円以上。

    Aランクは3000万円〜5000万円。

    Bランクは1500万円〜3000万円。

    Cランク500万〜1500万までという
    下位ランクにシワを寄せる形での住み分けがなされました。
    (ちなみにそれ以前のBランクは2000万円〜5000万円でした!
     Cランクは800万円〜2000万円だったと思います。)

    そう、A1・Aランクにはシワを寄せない住み分け。

    が!
    これにはBランク以下の反発が強かった。。。(のでしょうか?)


    もちろん我が社も奈良県さんの説明会で
    「そんなもん零細業者潰しやないか!!」って猛反発しました。。。


    実際、受注できる工事金額の上限が
    5000万円から3000万円に引き下げられたBランク業者の
    経営は相当に厳しいものがあります(^^;。。。


    そして、これについては
    奈良県建設業協会さんから奈良県に対して
    「Bランクの発注金額をもとの5000万円までに戻したって〜」
    という要望が上げられたという報道もありました。


    で!!
    本年度はAランク・Bランクの混合入札。

    そして本年度の経過を見て
    来年度のAランク・Bランクのあり方について検討って(^^;


    迷走する奈良県土木部さん。
    土木部さんはこの発注基準改正にあたり

    県では、今回の格付け基準等を改正するにあたり、

     ・「技術と経営に優れた企業の育成」の観点から、技術力向上に意欲のある
      企業の育成を図る
     ・いびつな状態となっている「受注機会」の改善を図るため、発注金額区分の
      是正を図る

     を基本方針として、以下のとおり改正を行うこととしました。

    と述べられていましたが・・・。

    このA・Bランク混在入札はイビツじゃないのですか(−−;?


    コレって奈良県土木部さんの
    A1業者至上主義と1級土木技術者至上主義の
    弊害なんじゃないですか(−−;?

    奈良県土木部さんは
    A1ランク業者さん至上主義だから、
    Aランクの発注基準枠を5000万以上にするような
    A1ランク業者さんの工事受注量を減らすようなす事ができない。

    かといって、
    1級技術者至上主義で
    「土木も建築も舗装もA級は1級技術者5人以上で統一!」
    って言っちゃってるもんだから
    1級技術者5人を必要とする土木Aランクを無くす事もできない。

    で、苦し紛れの土木工事A・Bランク混在入札??


    過去にこのブログで書かせていただいてますが・・・

    A1ランクとBランクから1000万円ずつ分けてもらって
    4000万〜6000万をAランクとかダメなんですか(^^;?

    いつもA1ランクにはシワを寄せないんですよ。
    土木一式にしても、舗装にしても。

    なので、穿った見方かもしれませんが
    自分はA1ランク至上主義の奈良県土木部さんとよく書きます(^^)


    われわれ下位ランク業者が猛反発したにもかかわらず、
    頑なに「ご理解お願いします」って
    体裁よく強行改正した現行発注基準を、

    たった1年であっさりと反故にして、
    中間年度でA・B混在入札なんて(^^;

    結果的にそういうことになってしまうんだったら、
    最初からわれわれ下位業者の声に耳を傾けて貰えない
    ものでしょうか。。。


    ▲top