一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 大淀町花火大会2013 | TOP | グランフロント >>

2013.08.22 Thursday

「土木一式」Aランク業者とBランク業者に混合入札の試行について

0

    奈良県土木部さんで
    「土木一式」Aランク業者とBランク業者の混合入札が始まりました。

    これは、
    本年度の6月に奈良県土木部さんから発表があった改正で、
    「土木一式」Aランク業者とBランク業者に混合入札の試行(PDF)


    ・奈良県内にはA等級の業者が少なくて、
     入札が不調(不落)に終わったり、
     1社入札や満額入札になったりすることもあるので、
     そういう地域でもきちんと入札が執行されるように
     業者数が増えるようにA等級とB等級を混ぜて入札してしまおう。

    ・昨年度、発注金額の上限を
     5000万円から3000万円に下げられてしまったB等級の業者は
     その点に関して大きな不満を抱いている。
     だから、A等級との混在入札で上限5000万円までの入札に
     参加出来るようにしてあげればB等級業者のガス抜きが出来るだろう。

    こういう目的があって実施されたのだと思います。

    まぁ、実際、B等級業者のガス抜きにはなったと思います。

    が、、、、
    実際に入札公告が出て、技術提案書の中身を見てみると。。。

    様式12_配置予定技術者の実績の欄には
    「受注価格が2500万円以上の工事に従事した実績を有する場合」
    という但し書きが!!!


    なんだこれ!
    これじゃあ、せっかくの入札参加資格が台無しだ(泣)!

    B等級の業者のみなさんはよく御存知のように、、、
    平成24年度からB等級の発注価格の上限は3000万円。
    でも、そんな大きな金額の工事は滅多になく、
    ほとんどは2000万円前後の工事です。

    しかも最低制限価格での入札が当たり前となっていますから、
    実質的には予定価格の84%くらいの請負金額になります。

    2000万円の工事で1700万円くらい。
    仮に上限の3000万円の工事でもギリギリ2500万円くらい。

    そんな中で、
    B等級業者に2500万円以上の工事の実績を
    求めるなんて、、、、なんて無茶な。。。

    うちも実績さがしてみましたけど、
    新参B等級の我が社の実績は2000万円前後の工事ばかり!

    これじゃあ結局、
    A等級の業者さんか、古参のB等級の業者さんしか
    実績持てないじゃないですか(泣)。

    ねぇ?=3

    技術管理課さんに問い合わせと要望をしましたけど
    「もう動き出していることなので今年はこれで行きます」
    の一点張りです(泣)。

    完全なぬか喜び。。。。

    ちなみに
    様式9の工事成績評定点のほうは、
    きちんとB等級の方は1500万以上が評価の対象に
    なっているんですよ〜=3



    なんでしょうね、この、、、
    「工事成績評定は基準を下げて
     B等級の業者も入札には参加させてあげるけど、
     仕事はA等級にしか落札させてあげないよ〜。」感(−−;?

    結局、奈良県土木部さんは、
    A等級の入札不調があったら困るから
    B等級を混ぜて業者数は増やすけど、

    B等級は、
    A等級に落札できる業者が居ないときだけ
    仕事落札しなさい。って思ってはるって事でしょうか?

    こんな入札するんだったら、
    なんでA等級の入札を
    「管内一括A」から「県内一括A」にしないんでしょ?=3

    入札の不調を防止するだけなら、
    それが一番手っ取り早くてわかりやすいように思いますが=3

    これって穿った見方でしょうか(^^;?

    ▲top